back to home

ペルチェキットの組み立て方

購入するもの

ペルチェキット ペルチェキット(オーム電機 OCE-KT3)

高性能な上に、ドライバーのみで組み立てられるペルチェキットです

ペルチェキット購入ページへ 別ウィンドウで開く
熱伝導グリス 熱伝導グリス(オーム電機 GR746)

熱の伝達効率を高めます。必須。(ペルチェキットに付属する熱伝導シートより効率が高い)

熱伝導グリス購入ページへ 別ウィンドウで開く 別ウィンドウで開く

不慣れな女性でも15分で完成

女性でも簡単

写真:オーム電機より引用

ペルチェ素子もいろいろ手に入りますが、性能、値段からオーム電機のペルチェキットがダントツです。1万円を切る値段ながら、冷却力が強く、廃熱側のファンも付いているので安心できます。

ファンと、ペルチェの電源が1本に集約されているのもうれしいです。細かい配慮が行き届いていますね。

組み立て式なので不慣れな方は心配かもしれませんが、使うのはドライバー1本、不慣れな女性でも15分で組み立てられるというのが売り。

丁寧な説明書も付いていますから、組み立てに困ることは無いでしょうが、組み立ての詳細を紹介しておきますね。


ペルチェキットの内容

梱包

こんな形で届きます
右がキット、左の小袋はグリース

セット内容

セット内容。
右上の青いのが別売りの熱伝導グリス

ペルチェ素子とファン

心臓部。右下の白いのがペルチェ素子
ペルチェは裏は熱くなるので表裏注意


ペルチェキットの組み立て手順

使う工具はドライバーだけ。女性でも15分ほどで作れる簡単なキットですよ。

説明書

1.説明書を確認。丁寧に書かれてます
フィンに断熱シートを貼ります(写真なし)

グリスを塗る

2.厚紙などを使い熱伝導グリスを塗ります。
付属の熱伝導シートは使いません

ペルチェ設置

3.ペルチェ素子設置。表裏に注意!
説明書をよく確認しましょう

ペルチェにグリスを塗る

4.ペルチェにもグリスを塗ります
薄くムラ無く。

アルミプレート準備

5.アルミプレートのシートをはがします
これが冷却面

プレート設置

6.プレート設置。
ねじ穴の広がっているほうが上面

プレート固定

7.プレートをネジで固定。
しっかりしめましょう

ファン用のネジ

8.4隅に長いネジを入れます
入れたら裏返します

ファンの設置

9.ファンを取り付けます
これも表裏に注意

ファンガード設置

10.ファンガードを取り付けます
ファンに触れないようにするもの

スペーサ固定

11.スペーサを取付け
ファンの固定でもあるのでしっかり閉める

ペルチェキット完成

12.完成です!
付属のACアダプタとつなげてみましょう

上に